チャーリーのひとり連絡網

アクセスカウンタ

zoom RSS スパッと温泉へ行こう! 〜その一 木島温泉〜 

<<   作成日時 : 2012/11/05 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


こんばんは
11年間の一人暮らし史上初のコタツをニトリで購入したチャーリーです。


気づけばもう11月ですね
すっかり風は冷たくなってまいりましたが、皆さんお元気でしょうか
風邪気味の方もいらっしゃるかもしれませんが、僕から言えるのは
「引き始めには早めのパブロン」ということだけです。


僕はといえば冒頭に書いたとおり早くもKOTATSUデビューしております
言わずもがなですが、鳥取はとっても寒いのです
誰かさんが誰かさんが小さい秋を見つける間もなく冬到来なわけです


特にここ最近、夜はかなり寒いです
trfもビックリです。あなたを待ちわびてる場合ではありません。


そんな寒い夜だから・・・温泉にでも行きたくなります
鳥取は基本的にはクソ暇ですが、温泉だけは充実しています
市街に(市街といっても何もないですが)普通にちょこちょこ温泉があります。
つまりは銭湯感覚で気軽に温泉を楽しめるのです。ビバ鳥取


これまでもちょくちょく行くことはあったのですが、これから温泉に通うことが増えそうなので、
とりあえずこんなコーナーを立ち上げてみます


題して、「チャーリーのスパッと温泉へ行こう!」のコーナー
※温泉=スパと掛けてるところが面白いところです。


第一弾は「木島温泉」
画像

見るからに古びた銭湯ですが、とりあえず入ってみました。


中に入るとすぐ病院の待合室のような小さな休憩所があり、椅子やテレビ、コーヒー牛乳を売る
自動販売機が置いてありました。
休憩所の奥にカウンターの受付があり、そこにはお婆ちゃんが首をうなだれてじっと座っていました。
休憩所を横切り、受付の前までたどり着いたのですが、僕の気配を無視するように、
お婆ちゃんはピクリとも動きません。
一瞬「生きてる?」と不謹慎にも思いましたが、よく見ると、お婆ちゃんの膝の上には週刊誌が置いてあり、
どうやらそれを読んでいるようでした。

このままでは、微動だにせず週刊誌を読む老婆を眺めるだけになってしまうので、
とりあえず声を掛けました。
「すいません・・・温泉入りたいんですが・・・」
すると、お婆ちゃんはむくりと顔を上げ、何を言うでもなく無表情で僕の顔をじっと見つめました。
しばらく目があったまま無言の時間が続いていましたが、
残念ながら少女漫画のように恋の始まりではありません。
むしろ恋よりも早く入浴を始めたい僕が、もう一度「あの〜」と声を発したその時、
お婆ちゃんは表情を一切変えず、まるで古くから村に伝わる謎の呪文を唱えるかのように
ポツリと一言こう呟いたのです。
「350円」

結局、帰るまでお婆ちゃんの声を聞いたのはこれが最初で最後でした。
それどころか帰る頃にはお婆ちゃんは寝ているようでした。
温泉泥棒し放題です。


前段が長くなりましたが、肝心の温泉の感想を
一言で言うと、とってもぬるい
ぬるめの湯が好きな僕が「ぬるっ!?」と思うほどぬるい。
まあその分長く浸かっていられるので半身浴だと思えば入れなくもないけど。
ただシャワーの温度もやっぱりぬるい。
体を温めに来たはずなのに、若干風邪を引くのではないかと心配になりました
けれど、一応サウナやジャグジーもあって、大衆銭湯にはない楽しみもありました



というわけで温泉レポートは以上です。
眠いので今回はこのへんで
お休みなさい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スパッと温泉へ行こう! 〜その一 木島温泉〜  チャーリーのひとり連絡網/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる