チャーリーのひとり連絡網

アクセスカウンタ

zoom RSS スパッと温泉へ行こう! 〜その四 湯村温泉〜

<<   作成日時 : 2013/02/10 01:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


こんばんは。
一昨日、人間ドックに行って、特に問題なく健康だったことで、
医者から「何か質問ない?」と問診時に逆にコメントを求められたチャーリーです。


さて、2月も半ばに差し掛かってまいりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか
鳥取は当たり前のように雪が降りますが、昨年のような大雪は未だなく、
雪に完全武装を備えたチャーリーとしては、いい意味で裏切られた感じです


そうは言っても寒いので、やはり今年もこのコーナーから始めます
チャーリーのスパッと温泉へ行こう


第4弾となる今回は「湯村温泉」
鳥取から1時間弱車で走り、兵庫県に入ってすぐの山奥にある温泉街です

山道や街を囲む山々には、昨日降った雪が溶けることなく纏われており、
銀世界の中にぽつんと街が佇んでいるようでした。


この日はちょうど3連休
しかも「灯火の景」なるイベントが開催されるとのことで、結構な人で賑わっていました


特に街に流れる川の河川敷に作られた足湯は大人気
温泉たまごを作れる場所もあり、みんなパクパク食べていました
画像




温泉街なので、当然温泉宿が幾つもあるのですが、
今回立ち寄ったのは「湯村リフレッシュパーク」
画像

わりと大きな施設で、温水プールや、水着で入る混浴の露天風呂が数種類あり、
家族連れはもちろん、男女7人冬物語的な仲間同士で楽しめそうな施設です

ちなみに僕は、そんな娯楽さを横目に淡々と温泉に浸かってまいりました
もちろん、水着を持って来れば良かったと心の底から思いました



温泉を出ると、すっかり日が暮れていて、辺りは街頭の灯りによって
温泉街らしい風情が漂っていました
画像




さらに「灯火の景」により、街中には灯篭替わりの雪だるまが点在しており、
雪と湯けむりで織り成された幻想的な演出が印象的でした
山陰の雪深い温泉街ならではの風情でした
画像




というわけで、特に大したオチや盛り上がりがなく恐縮ですが、今回はこのへんで。
おやすみなさい!!!!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スパッと温泉へ行こう! 〜その四 湯村温泉〜 チャーリーのひとり連絡網/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる